生活習慣病は、日常生活の乱れが原因で起こる病気です。普段から規則正しい生活を行っている限り、そうそう頻繁に発病する病気ではないはずです。現在の社会システムもからんでいて予防しにくい状況になっているのではないでしょうか。

しかし現状はというと、生活習慣病にかかる人は年々増加していて、その患者数は数千万人という莫大な数に上っています。主な生活習慣病としては、「糖尿病」「高血圧」「高脂血症」「心筋梗塞」「脳出血・脳梗塞」「慢性気管支炎」などがあげられますが、糖尿病だけをとってみても患者数は、予備軍をも含めると1400万人以上ともいわれています。ましてや高血圧や高脂血症にもなると、患者総数はぐんと増えて実に数千万人を超えてしまい、日本人の中高年のほとんどが、なんらかの生活習慣病に罹患しているといっても過言ではないと思います。

生活習慣病の難しさは自覚症状がないために、たとえ罹患していても本人が気付いて発見することが難しい点です。病状は沈黙の上進行していきます。だから、自覚症状が現れ気付いたときには病状はかなり進行して慢性化しているか、または何の前触れもなく突然訪れ、適切な処置が行わなければ死に至らしめます。本当に怖い病気です。

生活習慣病にかかる一番の原因というのは、やはり規則正しい生活が送れていない、食生活が乱れていることが大きいです。だから改善点としては、まずは食生活の改善と適度な運動を取り入れること、そして他にも、ストレスをためない、禁煙、適度なアルコールなど至急手を打つ必要があります。普段から自分の身体にメンタルチェック(健康診断)を入れることも大切です。

Copyright (C) 健康を一番に! 健康な生活を考える. All Rights Reserved.